【読書レビュー】お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが、税金で損しない方法を教えてください

本 その他
Dariusz SankowskiによるPixabayからの画像

 最近は読書に力を入れており、読み切った書籍をご紹介したいと思います。
 タイトルを見ていただいてわかる通り、お金の勉強の一環でもあります。税金についてですね。

 私も副業を始めたので税金について勉強しないと、と思ってリベ大の両学長がおすすめしていたこちらの本を読むことにしました。

ワン親方
ワン親方

……タイトルながっ!

 ラノベのノリなんでしょうかね?

 まあそれはさておき、漫画家の先生と組んでとても分かりやすい内容となってます。

 では、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

【読書レビュー】お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが、税金で損しない方法を教えてください

経済・ビジネス
Photo by Alexander Mils on Unsplash
  • 文字だけでなく漫画も入るので堅苦しくない
  • 実際の書類の写真も載っており、具体的な書き方が分かる
  • 雑学のような、直接役立たないけど楽しい豆知識もある
  • あとがきがなるほど、と思った

 良いと思った点は以上です。そしてそのうえで、私はここを一番おすすめしたい。

 まずは、あとがきから読む!

ワン親方
ワン親方

えっ!

あとがきから?

 なぜそう思うのかについてお話していきます。

この本はあとがきから読め!――税金について学ぶ動機

 まず税金についてどういうイメージをもっていますか?

ワン親方
ワン親方

うえええん!

あんまり好きじゃないぞおお、怖いぜえええ!

 という方が多いのではないでしょうか。

 かといって無視するわけにもいかないもの。でも分からないから怖さだけが先行する。

 この本のタイトルに惹かれてこの記事にたどり着いていただいたあなたは、税金のことを知りたいはずです。
 では「なぜ税金のことを知りたいのですか?」を改めて問います。

 義務だから。税金で損をしたくない。

 でしょうか?

 この本のあとがきは

「あなたには、夢がありますか?」

 という問いかけから始まります。面白いですよね。

ワン親方
ワン親方

税金の話なのに、『夢』が何で出てくるんだ?

 著者の大河内先生は芸術学部出身で、顧客もクリエイターが多いそうです。
 クリエイターの方々は「これから売れてやるぞ~」と野心溢れる夢を持っている方が多く、そんな夢を自分ごとの様に見させてもらっている、と。

 だけど、売れっ子になった時に昔の税の過ちを突っ込まれたら

  大河内先生にも夢がある。
 税知識の普及。得して欲しいだけではなく、あなた(読者)が叶えた夢を台無しにしてほしくないというもの。

ワン親方
ワン親方

夢をかなえる弊害になりえるのが、税の知識!

言われてみればたしかにそうだな。

 夢を、自分自身を守るために、税金について学ぶ。

 そのような考え方がなかったため、とても新鮮に感じましたし、読んで思ったのです。

「先にここから読んでいたら、もっとやる気になって読めたのになぁ」

 お恥ずかしい話ですが、知らないといけないから、という消極的な理由で読み始めたので中々読み進められないのなんのって。
 なので私のように消極的な理由で税金について学ぼうとされている方は、まずはこの「あとがき」から読んで、どうして税金を学ばないといけないのか、その理由・動機をはっきりとさせてモチベーションを上げるのをお勧めします。

 いえ、この本を読もうとされている方にはぜひあとがきから読んでいただければと思います。

まとめ

結論:あとがきから読み、税金を学ぶ動機をハッキリさせろ!

 分かりやすい税金の本、というのはたくさんあると思います。

 でも夢をかなえるために、夢を応援するために書かれている税金の本は少ないでしょう。

 だからこそ私はこの本を、この本のあとがきから読むことをおすすめします。

ワン親方
ワン親方

すげーな。

あとがきの話しかしてないぞ、今回。

 とてもシンプルにまとめた、と言ってください。

 ということで、この本を読んで夢を叶えるために税金について一緒に勉強しましょう! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました