【YouTube番組レビュー】『有頂天レストラン』#4感想【宮迫ですッ!CH】

ディナー 書籍・動画・ゲーム紹介(感想)
Photo by Hanxiao on Unsplash

 はい、ということでいよいよ『有頂天レストラン』も第四回が公開されたので、以前との違いやら改善して欲しい点をまとめたうえで、最後に見所や感想をまた語っていきたいと思います。

【有頂天レストランとは?】

 お笑い芸人宮迫博之氏のYouTubeCH上で放映されている料理バトル番組。
 とてつもない実績を持つモンスターシェフと呼ばれる料理人に、新進気鋭の若手シェフが挑んでいく。
 食材はスポンサーより提供されたもので、新鮮豪華なものが並び、今のところほぼ毎回のように黒トリュフが贅沢に舞っている。
 何よりも特徴はバトル内容の一つにたったの5分で料理を作るというのがあること。間に合うのかと毎回ハラハラする。5分で作ったと思えないその料理だけでも一見の価値あり。
 もう一つのバトルは30分使えるが、何か特殊なテーマを元に作らなければならないものの、5分クッキングよりも豪華な見た目になり、とても華やかな戦いとなる。
 セットやゲスト(審査員)も豪華メンバーをそろえているものの、プレミア公開時の同時接続人数や視聴回数はそれに見合っておらず、ネット記事では「こけた」と評されている。

 有頂天レストランとは、何かとネットで話題になる宮迫さんによる料理バトル番組です。セットもゲストも豪華で、スポンサーさんがかなりついているみたいです。
 上記の概要説明でも載せましたが、それだけ豪華な割に再生回数がちょっと寂しいことになっているようです(第一回目が21/05/231公開1,002,530 回。21/10/04時点)です。

ワン親方
ワン親方

おっ?

でも100万回行ったんだな。

 後のびしているみたいですね。このまま伸びて欲しいのもありますし、今回も辛口目にやっていきたいと思います。

 今回の第四回が公開されてから1か月以上経っての記事となりますが、遅れた理由もあわせて説明させていただきます。

 ちなみに前回の感想は>>【宮迫ですッ!Ch】有頂天レストランの感想【第3回】にて。
 さらに前々回は>>【YouTube番組レビュー】 『有頂天レストラン』はつまらない番組として終わるのか?【宮迫ですッ!CH】
 にて書いてありますので、興味がある方はそちらも合わせてごらんください。

スポンサーリンク

【YouTube番組レビュー】 『有頂天レストラン』#4

【異種格闘料理対決】ガチ5分料理&赤一色バトル【有頂天レストラン♯4】Cooking Battle Show

 今回の4回目は21/08/28に公開で257,851 回再生されています。プレミア公開でしたが、残念ながら私は気づかずにスルー。

 その後も動画に気づかなかったのは、サムネを見て「番外編か」と思ったためです。

ワン親方
ワン親方

ああ、なるほど。

本編とは思わなかったんだな。

 以前から気になっていたサムネ問題も含めて、まだまだ改善していって欲しい点・良くなっていっている点をまとめてみると、こうなります。

 改善して欲しい点

  1. サムネが分かりづらい
  2. 料理人の方の動機、熱意をもっと知りたい
  3. 審査員メンバーは年代や性別にバリエーションが欲しい
  4. もっと本気で番組を盛り上げてほしい

 改善されて行っている(良い)点

  1. 結果発表の仕方、緊張感
  2. 飲食関係、農家や畜産の方を盛り上げていきたいというコンセプト。
  3. ゲストや解説者のバランス
  4. 対戦後、宮迫さんと敗者の方とのワンコーナー

それぞれ見ていきましょう。

改善して欲しい点

<a rel=
cattalinによるPixabayからの画像

1、サムネが分かりづらい

 再生リスト(https://youtube.com/playlist?list=PLgufpYwaLjyBYM97964PG14bTe99lF2nH)を見ていただくと分かるのですが、文字がごちゃごちゃしていてぱっと見分かりづらい。

ワン親方
ワン親方

たしかに……特に1~2のは文字小さいな。

 第三回目以降はすっきりとした見た目になっています。
 しかしスマホだと見れますけど、私のPCだと番組名がかすんで読めません。PCの見え方の確認をされていないのか、私のPCがダメなのかは分かりませんが。
 でも他の方のCHの再生リストは問題なくPCでも読めるので、単純に私のPCだけが問題ではないと思います。

 私自身も動画投稿を始めてサムネの勉強を始めていますが、サムネに乗せる情報はシンプルにしています。

 そしてwinwinwiiinと違って第何回目なのかが、非常に分かりにくい。料理人の方をサムネにはできないのでしょうか?

 料理人の方の顔と名前出されてもピンとはきにくいのはたしかですが、そこに『中華』VS『和食』みたいに文字入れるだけで内容がとても分かりやすい。

 料理番組なわけですし、サムネももっとそれっぽいものにしていただきたいなぁ。デヴィ夫人が画面映えするのは分かりますけども。

 winwinwiiinなどはサムネの構成がシンプルで固定されていて、再生リスト(https://youtube.com/playlist?list=PL4fCcsGH1K_jUYlefY91GsMnlLpFh0T-f)はかなりまとまっています。

 番組の裏側、ではデヴィ夫人とこんなやりとりしてました、というタイトルなのですからデヴィ夫人のアップでもいいと思いますけどね。

 と、素人が偉そうに言ってますが、マジでサムネを見ただけで「あ、本編じゃないなら良いか」と敬遠して見逃していたので改善を望みます。

2、料理人の方の動機、熱意をもっと知りたい

 出てくださった料理人の方たちは全員がとても素晴らしい努力家でいらっしゃいます。そんな方たちがどうして出ようと思ったのか。出演してどう思ったのか。
 折角番組を見て料理人の方たちに興味が湧いたのに、そこがまだまだ浅くて残念です。

ワン親方
ワン親方

もっと知りたくなるよな。

 知らなくても問題ないかもしれませんが、こんな方が一生懸命作った料理が食べられるお店があるのか、と思うと足を運びたくなりますし、料理を頂きながら番組のことを思い出して同席者と楽しく会話も弾むかもしれません。
 何も知らないままより、画面を通してでも少し知った状態の方がより思い出深くなると思います。

 私は外食が苦手ですけど、番組を通して見えた人間性に惹かれた方の料理は本当に食べてみたいと思いました。
 お金をためて、いつか必ず行こうと思います。

3、審査員メンバーは年代や性別にバリエーションが欲しい

 今回は副支配人が泉谷しげるさんになったのもありますが、審査員の平均年齢がやや高めになっています。
 料理の好みは人それぞれとはいえ、年代が変われば好きな傾向も変わってしまいます。

 どちらもプロですごくおいしい料理が出てくるのならば、審査には審査員の好みがどうしても入ってしまいます。人間なので仕方ないですし、それが悪いこととは思いません。
 ですがその点で公平ではなさそうですし、そういった審査員が好きそうなものを作った方が勝っている気もします。

 今後、審査員が変わらなければ料理の傾向も固まってしまい、面白くなくなると思うので、「あの人はこっちの方が好きそうだけど、この人は逆っぽそうだなぁ。勝者はどっちだ?」というワクワク感も欲しいので、ぜひとも検討していただきたい。

4、もっと本気で番組を盛り上げてほしい

 これは以前から述べているのですが、番組を盛り上げようという意志があまり感じられません

 一時はチャンネルのトップ画面に有頂天レストランが載るようにしていらっしゃったみたいですが、今は以前に戻っています。
 つまり、有頂天レストランというものを知っている人・宮迫ですッチャンネルが気に入って過去動画を見て行っている人しか見れない状況です。

 折角のYoutube番組なわけですし、もっとコラボしても良いと思います。特別審査員枠としてゲストYoutuber(毎回変わる)枠があるのも全然ありでしょう。

 再生回数があまりないとはいえ、それでも数十万回は再生されている動画ですし、豪華なセットというのを身近で見てみたいと思う方もいるはずです。

 そしてYoutuberの方が出演してくださったら、コラボという形で裏側の撮影してもらってもいいでしょうし、コラボじゃなかったとしても宣伝になるのは間違いありません。

 SNSをもっと活用したり、番組を開始する前にあげていたようなショート動画を上げるのもいいでしょう。

 そういった宣伝への本気度があまり見られず、とても残念です。

改善されて行っている(良い)点

<a rel=
Free-PhotosによるPixabayからの画像

1、結果発表の仕方、緊張感

 第一回目ではあまりにも簡単に結果発表していて拍子抜け甚だしい演出でしたが、視聴者の声を受けて段々と改善され、緊張感が出てきました。

 やはり結果発表は緊張感がないといけません。

 欲を言うなら、もっと派手な演出があっていいかなと思います。まだちょっと地味です。

2、飲食関係、農家や畜産の方を盛り上げていきたいというコンセプト

 とても素敵で素晴らしいコンセプトです。なので元々収益化は目指していらっしゃらないのだとは思います。

 宮迫さんが直接農家さんのところに行って食材をいただいてくるコーナーも地味な楽しみ。きっと農家さんたちも宮迫さんに直接会えてうれしかったのではないでしょうか。

 こうした応援がコンセプトならば続けていく必要があります。そしてそのためには一定以上の収益を目指さないといけません。

 ぜひ頑張って欲しいです。

3、ゲストや解説者のバランス

 第三回目と第四回目は2本どりで、ゲストに神田うのさんが来ています。神田うのさんが料理に詳しく、以前から分かりやすい解説をされている森田さんとフォローし合うように調理について説明してくれています。

 これがまた非常に分かりやすく、聞いているだけで楽しいし、その技術を身につけるためにどれだけの努力をされたのかと思いをはせて、尊敬の念が自然と沸き起こってきます。

 もちろんそれらを説明できるという時点で、森田さんとうのさんの造詣の深さにも感銘を受けますし、デヴィ夫人の料理の誉め言葉は上品で美しい。

 そして宮迫さんの回しはさすがで、面白い要素もしっかりといれてくれているので、料理しない私でも楽しめます。

ワン親方
ワン親方

泉谷しげるは?

 …………。

ワン親方
ワン親方

…………。

 美味しそうに、食べていらっしゃいますよ?

ワン親方
ワン親方

……そうか。

4、対戦後、宮迫さんと敗者の方とのワンコーナー

 これも第三回目から新しくできたコーナーで、私一押しです。

 前回の女性の方は悔し涙を流されていましたが、今回は男性ということもあってか、涙は見られませんでした。

 しかしその顔には緊張がまだあり、何かをこらえているような表情なのがグッときました。あまりしゃべられてはいないのですが、悔しさと緊張で話せていない印象です。

 その緊張をほぐそうとする宮迫さんにも注目です。

+α 今回の見所

 今回はトリュフは舞いませんでした(笑)が、やはり料理が素晴らしい。

 30分かけてつくる料理は、なんと1色という色の指定があるというとても珍しい対決。今回は赤色でした。

 1色しかないのに、見た目も美しい上に美味しいものを用意された食材と道具・環境で提供しなければならない。
 それってすごいことだと思います。

 そしてそして! なんといっても有頂天レストランの名物、5分間クッキングがこれまたすごかった。

 その名の通り、5分で料理していくのですが……これ本当に編集していないの? と言いたくなるような早業でありながら美しく素晴らしい料理が仕上がっています
 しかもこれ、その場で出された食材を使わないといけませんし、今回はなんと鶏肉でした。お肉なのに5分間……どうやって火を通すのかがとても大事になってきます。

 お二人の料理人がどうやって火を通したかは……ぜひとも番組の方をご覧ください。

 あとはですね、サムネにもある通り、デヴィ夫人が番組へのクレーム染みたことを言うのですが、そのやりとりが非常に面白かったです。

 今回は料理以外にもゲストや審査員、解説者たちの会話にも注目していただきたいですね。

まとめ

 こまかいことはさておき一言で表すと、『どんどんと改善されて行っているものの、本気度足りていないように見える』でしょうか。

 スポンサーをたくさんつけてお金をかけ、自ら栽培者さんのところに行っている、というのは凄いことですが、本当にこの番組を本気で盛り上げていきたいのか、疑問を感じます。

 様々な商品のアンバサダーになっている時なら、もっと知り合いを使って宣伝したりもしていたのに、なぜこの番組に関してはしないのか。

 ツイッターで告知しただけではログが流れていくのでまだまだ弱い……もちろん、宮迫さんほどの方が呟く効果は大きいと思いますけどね。

 でももっと労力欠けて宣伝して盛り上げることはできるはずなのにしていない……もうこの番組のこと、諦めてしまったのでしょうか?

 好きな番組で、コンセプトも応援したいものなのですが、そこが非常に残念です。

 次回……あるのかなぁと不安に思いつつ、また次回お会いしましょう! ではまた。

ワン親方
ワン親方

うーん、ちょっと次回』が不安だが、

また第5回で会おうぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました