【転生悪女の黒歴史】死亡フラグ34【感想&ネタバレ】

読書する学生 マンガ感想・紹介
イラストAC「いちごもち」さん

 はい、3度目の転生悪女の黒歴史ですね。LaLa21年度11月号分、死亡フラグ34の感想をやっていきましょう!
 ネタバレも含みますので大丈夫な方のみお進みください。

ワン親方
ワン親方

もう説明は不要かもしれねーけど、
転生悪女の簡単な説明だけ載せとくぜ。

転生悪女の黒歴史とは?冬夏アキハル著

佐藤コノハには「黒歴史」がある。中学時代の全てを懸けて書いたそれは・・・ 伯爵令嬢コノハが騎士に愛される、恋と魔法の冒険ファンタジー! ある日、「黒歴史」を母親に見つけられそうになったコノハは、焦って交通事故で本当に死んでしまう!! 次に目を醒ますと、そこは自分の創作した「黒歴史」の世界で、コノハの妹である、自分の考えた最強の悪女・イアナに転生していて?

転生悪女の黒歴史 1巻 あらすじより

 全体の感想は>>【マンガ】転生悪女の黒歴史【感想】にて、前回の死亡フラグ33は>>【転生悪女の黒歴史】死亡フラグ33【感想&ネタバレ】にて書いてありますので、こちらも合わせてごらんください。

スポンサーリンク

【転生悪女の黒歴史】死亡フラグ34【感想&ネタバレ】

 前回までのあらすじ。

 聖者の試練に挑むイアナ達。
 第一の試練は雪山に住む聖獣に認められること。
 そんな中、コノハや他護衛とはぐれてしまったイアナとイザークの目の前に巨大な生き物、鵺があらわれて2人は襲われてしまう。
 しかしこの鵺もまた、イアナ(佐藤コノハ)の黒歴史によって生まれた悲しき生き物。イアナは鵺がなんのために人を襲い、孤独に戦っているのかを知っていた。
 故にイアナは鵺をとコノハのところへと連れて行こうとして――?

 そして今回のラインナップはコチラ!

  • イザークとのイチャらぶがヤバい
  • 擬人化妄想がヤバい
  • 卒業文集がヤバい
  • 死亡フラグがヤバい
ワン親方
ワン親方

語彙力!

(がやばいな)

 お待ちください。やばい、の内容をしっかりと説明させていただきますので。

イザークとのイチャらぶがヤバい

 前回の感想>>【転生悪女の黒歴史】死亡フラグ33【感想&ネタバレ】でも書かせていただきましたが、今回も2人のいちゃらぶは続きます。

 まず表紙がいいですね。
 読書しているイアナと、そんな彼女の隣に座って「そういう本読むんだ」と優しく見守るイザーク。

 カラーで見たい!

ワン親方
ワン親方

お、おうっ?

 とてもいい雰囲気なので、まずは表紙もしっかりと見ていただきたいですね。

 そして本編でもいちゃつきます。
 イザークがイアナのことを気遣うシーンがあるのですが、その時にイアナが心の中で叫びます。「ホレちまいますってえええ」と。
 ……惚れてしまってもいいのよ?
 そんな風に思ってしまうほど、イザークが良かったです。

 イアナが周囲をときめかせることはあっても、イアナがときめくことってあまりない……というか、なんでしょうか。イアナ自身が誰かに惚れる、というセリフを冗談交じりでも出したことが珍しいというか、初ではないでしょうか。

 コノハらぶな誰かさんは置いておき。

 何はともあれ、イアナに対してこうも自然に接している登場人物は珍しいですし、イアナも素の状態をさらしていて、見ていて気持ちがいい2人ですね。

 まあ物語の展開からいってこの二人がくっつくことはないのでしょうが、私は今回の話を読んでこの二人の未来を想像してしまいました。

ワン親方
ワン親方

おいおい、ソルのことはいいのかよ?

 ソルも好きですよ? 好きですけど…私はイアナが幸せならそれでいい。そして今のところ、イザークはイアナの心をしっかりと守ってくれているのでポイントが高いのです。

 今回で増々ポイントが追加されたので、ソルにはぜひとも頑張って欲しいところです。

ワン親方
ワン親方

別にソルもお前さんからのポイントは欲しくないだろうけどな。

擬人化妄想がヤバい

 今回の黒歴史は鵺であり、聖獣。そしてそんな2人の擬人化です。

ワン親方
ワン親方

これは……ああ、うん。
たしかに、ヤバいなぁ。

 本来ならば感動すべきシーンも、この擬人化のせいでなぜか素直に「良かったね!」と拍手できない不思議。

 具体的にどんなシーンなのかはあえて省きますが、一つだけ言えるのは……間違いなく『黒歴史』だなぁ、ということですね。

卒業文集が ヤバい

 もう一つの黒歴史? が今回のお話に出てきます。佐藤コノハ自身の過去に起きた恥ずかしいエピソードですね。

 イザークがイアナの緊張をほぐさせるための過程で飛び出てきたお話ですが、これまた……面白い。

 私には当てはまらないのですが、もしかしたら当てはまる人もいるのかもしれません。当てはまった人にはとてつもなくダメージが入るでしょう。

 ですが安心してください。
 そんな瀕死のあなたを、今ならイザークが慰めてくれますよ。

ワン親方
ワン親方

俺っちの口からは痛々しくて内容言えないが、

まあ、なんだ、その……そういうこともあるし、

ほとんどのやつらは気にしてないと思うぜ?

だから、強く生きろ

 親方からも慰めを頂いたところで最後に行きましょう!

死亡フラグが ヤバい

 話の最後には最近出てきた敵の姿が描かれており、そこで語られている内容はイアナについて。さっさと殺した方が良い、という意見が飛び交っています。
 すぐに殺すのは味気ないというキャラもいますが、誰もイアナを殺すことに疑問は抱いていません。

ワン親方
ワン親方

今までは吸血鬼を使ったり、ギノ坊を気絶させようとしたりで
コノハを聖女として目覚めさせようとしていたけど、

完全にイアナを排除対象にしたってわけか!

 最近はソルもイアナの味方につき、身内に殺される可能性が減ったので他の死亡フラグが必要ということでしょうけど、分かりやすくイアナの死亡フラグをつくる敵が現れたってことですね。

 それにどうも教皇も怪しいですしねぇ。

 新たな死亡フラグたちからイアナはどうやって自分と周囲を守っていくのか。とっても気になりますね。

まとめ

  • イザークとのイチャらぶがヤバい――イザークとますます距離が近まっていっている。やはり彼は良い人っぽい?
  • 卒業文集&擬人化がヤバい――佐藤コノハの過去&黒歴史は今日も絶好調! 人魚? のイラスト最高。
  • 死亡フラグがヤバい――明確な敵と、そんな敵から命を狙われているのが確定。そんな人物と会話している教皇の動きも怪しい。

 イアナ好きとしてはイザークとの今後の関係がどうなっているのかが非常に気になりますし、それはそれとして今の子の2人の関係も心地よくて楽しめるお話でした。

 もっと大きなくくりとしては、敵組織との戦いが今後どうなっていくのか。コノハは聖女に目覚めないままなのかなどが気になりますね。聖女っぽい能力は時折発揮してますが、イアナが一番避けたいのが聖女としての目覚めでしょうからねぇ。

ワン親方
ワン親方

次の試練の内容も気になるな。

 ですねぇ。そして試練を行うごとにコノハは聖女へと近づいて行ってしまいそうです。

 と、今後もまだまだ気になる転生悪女の黒歴史は月刊LaLaにて連載中です。

 電子版は見たいお話にすぐ飛べるので便利でおすすめです。

 ではまた来月、続きが出た時にお会いしましょう!

ワン親方
ワン親方

またな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました