おしゃれって何?--お洒落初心者の奮闘記0.7歩目

ファッション その他
Photo by Ashim D’Silva on Unsplash

はい、久しぶりのファッションのお話し……とはいえ、相変わらず一歩目を踏み出しておらず、「こういう組み合わせが良いよ」という一般的なファッション(おしゃれ)の話ではないのでご了承ください。

もっと根本の話。お洒落とは結局何なのかを語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

おしゃれって何?

御洒落(おしゃれ) の意味

[名・形動](スル)服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人。「お洒落な若者」「お洒落な店」

goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp)より

らしいです。洗練かぁ。ちなみに洗練は

せん‐れん【洗練/洗×煉/洗錬】 の解説

[名](スル)《物を洗い、または練ってよくする意から》

1.詩歌・文章の表現を推敲して、よりよいものにすること。「―を極めた文体」

2.人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。「―された着こなし」

goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp)より

今回で言うと2の意味になるので、服装や化粧などを優雅・高尚なものにする。つまりは高めようとすることをお洒落と言うわけですね。

ちなみに優雅・高尚とは……とやると永遠にキリがないのでこの辺りで。

言葉の意味としてだけで考えるならば、今の私の「見た目に気を使って少しでも良くしようとしている」こともお洒落している、と言える……でしょう! 多分絶対(どっち?)

でも目指しているのはお洒落の意味の後半、「そのさまや、その人」の部分ですよね、当然。

お洒落な人やお洒落な恰好をしている自分に憧れがあり、そこに少しでもたどり着きたいから勉強したいと思ったわけで。

では私が思うお洒落ってどんなものだろうか、と改めて考えております。

たくさんの服を持っていて、流行に敏感で、それらを着こなしている

  1. たくさんの服を持っている(いろんな形や色、素材など)
  2. 流行の先取りをしている(流行に敏感で詳しい)
  3. それらを堂々と着こなしている(気後れせずに似合っている)

イメージを求めるとこんな感じですね。

所持している服の数は多そう。それも私のように偏っているのではなく、様々な種類のものをです。

あとはやはり流行ですね。私は鈍感すぎるのと「来年の春に流行る」とまだ来てもいない時期のことを言われても、「流行るのではなく、流行らせる(もしくは流行らせたいでしょ)」とファッション業界の裏側を疑う、というひねくれた考え方をしていて余り流行り物には消極的です。

いやすみません。流行をディスっているわけじゃないんです(笑)。流行を勉強することもとても大事だし、流行を追いかけるのが好きな方もいると思います。

でも流行を追い続けるのは私の性には合わなくて……でもお洒落になるには必要なのかなって、そういう葛藤が実はありましたという話です。なので私からすると流行を追いかけ続けられる人は尊敬の対象です。

最後の着こなしは当然ではありますが、「堂々と」というところがポイント。だってとても素敵な服、とても素敵な組み合わせだったとしても当の本人が嫌がっていたら魅力は半減すると思うからです。

私にとってのお洒落とは、それら3つが合わさっていること、です。他にも同じように思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

自分がそう思っているのですから何も疑問を抱かずにそこを目指せばいいのじゃないか。

そう考えもしますけれど、流行を追い続けるのはやはり私にはしんどいというのと、最近物を減らそうと必死に身の回りを整理しているにも関わらず服を増やすというのは矛盾していますし、毎日の服選びに※1ウィルパワーを使うべきなのか?

※1意思決定・集中のためのエネルギーみたいなもの。詳細はコチラの記事にて

最近勉強してきたことと矛盾してきてしまいました(集中するにはモノを減らし、選択肢を減らす)。

今の自分に合う「お洒落」はないだろうか?

そう考えて、一つの単語が頭に浮かびました。

ミニマリスト

最低限の物で日々を過ごす人たち。彼ら彼女達は、私があげたイメージの1,2とは反しています。

必要最低限な服ということは、季節ごとに流行を追って服が増えることもありません。でも、じゃあ3はないのかというと……そんなことはない。

こちらの動画を見て衝撃でした。服の種類は多くないはずなのにおしゃれです。しかも冬コーデですけども、他のシーズンでも着れそうなアイテムもたくさん……ミニマリストでも、オシャレな人はお洒落だ。

スタイルがお綺麗だというのも当然あるんですけども、私のイメージをがらりと壊してくださったのがみそぎさんでした(みそぎさんのブログはコチラ)。

服が少ない=ダサイ ではない。

そしてミニマリストということですから、服の選択肢は少なくなって、悩むというWPの消費を減らせます。WPを自分の人生をよりよくするための行動に使えるのです。

これは今、自分が行っていることと矛盾しないやり方です。

ということでみそぎさんの動画やブログを見ながら、以前整理したもののさらなる選別を行っております。まだまだ減せそうですので。

最近捨てたのも結構ありましたけど、それだけ減らしても全然生活に困ってませんからね。なので本当に極限まで減らそうかなと思います。

結局は自分の納得感

ブログ記事として書くためにファッションについて勉強し始めたわけですが、色の組み合わせだとか流行に関しての考え方とか、ファッションを勉強することで出てきた「んん?」という引っ掛かりが、自分の中でどんどんと納得へと変わっていってます。

私はパーソナルカラーに合う服ならば好みじゃない服も着るのか? → いや違う

私は服をたくさん持って服に囲まれたいのか? → いや違う

私はファッションの流行を追いかけ続けたいのか? → いや違う

私は毎日の服選びに悩み続けたいのか? → いや違う

私はファッションに興味がある。お洒落になりたいと思っている。

では、どういうお洒落を目指したいのか?

結局自分の好みです、なんてところに行きついてしまうわけですが、でも流行を追いかけずに自分の好きな恰好を貫いている人ってとてもクールで素敵に見える。

私が目指すのはそこです。そして目指す先は人それぞれ違うでしょう。

  • 様々なタイプの服を持ってそれを着こなしたい
  • 常に流行の最先端を行きたい
  • 人とは全く違うスタイルを極めたい

ファッションの初心者がこういうのもなんですが、それでいいと思うんです。ただ、どこを目指したいのか分からぬままに動くのは止めた方が良いと思うだけで。

何処を目指したいかハッキリさせぬままに雑誌を買ってそのままの服を買って……でもしっくりこなくてタンスの肥やしになるという経験を何度もしてきた私だから言います。

これは服に限らずの話ですね。

何かをしたいと思った時に具体的な目標(ゴール)があるかどうかはとても大事。私と同じように「ファッションがんばるぞ!」と思った方はそのままの勢いで服を買ったりせず、一度冷静に考えてみることをお勧めします。お金も服を置く空間も有限です。

何よりも歓喜にあふれている時は行動が速くて創造性にも満ち溢れているわけですが、同時にイメージを良い方に働かせすぎて、冷静に考えることなく即決してしまいがち。あとで何故買ってしまったんだと悔やむ前に一度落ち着きましょう。

私は目指す先が決まったので、最初はともかくマネをしていこうと思います。全く同じものはなくても、似たものはあるはずですし、まったくもってないタイプのもので冷静に考えてほしいなと思ったものは購入してもいいでしょう。

物を少なくして節約しているとはいえ、まったく何もお金を使ってはいけないわけではない。

何より、最近ダイエット効果が出てきて服のサイズ感が変わってきました。もう少し痩せて明らかにサイズ合っていないくらいまで来たら、一気に買い替えてもいいかもしれません。

まずは断捨離。体についた無駄な脂肪毎捨てちゃいます!

たーのしくなってきたぞー! 皆さんも一緒に、楽しいファッションを楽しみましょう!(服を捨てるのがファッションを楽しんでいるのかは謎ですがwww)

その他
スポンサーリンク
お世話になっているランキングサイト
にほんブログ村 その他日記ブログへ
自しん工房
タイトルとURLをコピーしました