余分な服を捨てる--お洒落初心者の奮闘記0.5歩目

ファッション その他
Photo by freestocks on Unsplash

久しぶりにファッション? のお話し。

まだ一歩目すら行ってない

購入しますね、とか言っていたのですが、すみません。全然できてません。

言い訳させていただくと、私は今まで何度も洋服を買う時に失敗しています。なのであの記事書いているときはテンション高かったので、なんとか抑えようとした結果……今に至ります。

そしてあらためて服を買おうと、通販雑誌を眺めていたら良さそうなのがあって、ふと思いました。

「この服いいな。合わせるとしたら……ん? この服に合いそうなの私持っているっけ?」

自分の持っている服を把握できていない、と。

また同じものを買うわけにもいきませんし、買おうと思っているモノ単体だといいけど、持っているものとは合わないとなると結局着なくなる。それは非常にもったいない。

なので新しいものを買うために服の整理をしないといけないと、思っていたのをようやく行動に移せたのでそのお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

余分な服を捨てる

アイキャッチ--洋服
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

改めて持っている服を眺めて、あちゃーと思うことが多かった。

同じようなシルエット(形)ばかり

以前、ファッションについて勉強していた時

ファッションの勉強詳細はこちら

同じ形の服を買わない(シルエットや長さなどを変える)のがダサイを脱却するポイントの一つだ、と。

なのにまあ……同じシルエットの多いこと多いこと。

そして自分はファッション初心者だけどダサイほどではないだろう。--なんて思っている自分がいましたが、ダサイポイントをしっかりと抑えていました。反省です。

同じシルエットの中でも生地の触り心地を中心に特に好きなものだけを残して、遠慮なく捨てるもの袋に放り込みました。

結構な量になりました(笑)。

数年間着ていないものが多い

買うときは確かに気に入っていたはずなのに、何年も着ていないものがありました。--あれは、なんでなんでしょうね。

なんで着ないのか。

その答えはきっと、「衝動」で買ったものであって持ち服だったり自分に合うかどうかは考えずに購入したからでしょう。

家に帰って冷静になると「あ、これ私に似合わないな」、「他との組み合わせ難しい」となって箪笥の奥の方へと押しやっていた。

正直勿体ないな、とも思いましたが数年間着ていないのならばこれからも着ないんですよ。だから捨てる用の袋に突っ込みました。

これまた結構な量でした。

身が軽くなった

そうして不要なものを一掃したのち、本当に必要なものは何か。しっかりと考えて購入していきたいと思います。

お金も場所も無限にあるわけではないですから。

失敗は活かさないといけません。何度もしてきたファッション失敗ですけども、そろそろ一歩踏み出さないといけません。

そのためにも失敗を受け入れて挑戦するための準備を今回は行いました。

次、一歩踏み出せるのか。まだなのかは分かりませんが、今回のことでほんの少し身軽になりました。

身軽になったので踏みだせる。……いや、踏み出す!

ということで、また次回!

その他
スポンサーリンク
お世話になっているランキングサイト
にほんブログ村 その他日記ブログへ
自しん工房
タイトルとURLをコピーしました