【せどり初心者】Amazonせどりやってみた【感想と失敗談】

夢は社長 せどり
mhougeによるPixabayからの画像
ワン親方
ワン親方

よおっ!

今日も元気よく自しんつけるために頑張ろうぜ!

 せどりに興味があるけど今一歩踏み出せない方。やってみたけど「わーわーわー」とあたふたしている初心者の方。
 安心してください。

 私など、失敗しまくりのあたふたしまくりですから!

 そんな超初心者の私の経験をもとに、せどりの準備や注意をまとめてみたので良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【せどり初心者】Amazonせどりやってみた【感想と失敗談】

アマゾン
Photo by Christian Wiediger on Unsplash
ワン親方
ワン親方

そもそも……せどりってなんだ?

 せどりとは、安く仕入れて、それよりも高く売ることです。簡単に言うと転売です。

ワン親方
ワン親方

てててててて、転売っ?

なんてものをしようとしてるんだ!

 落ち着いてください親方。
 せどり(転売)自体は悪いことではありません。悪いのは「不当に」価格を吊り上げて欲しい人の元に商品が手に入らないようにすること、です。

 自分だけが儲かればいい、という考え方ですね。

 そうではなく、お客さんは普通に買うより安かったり割高でもネットで便利に買えて助かる。仕入れ先の店は在庫の処分ができて助かる。そして自分も利益が出て助かる。

 さて。これは悪いことですか?

ワン親方
ワン親方

たしかに……そう考えると悪くはないな。

 一部のマナー悪い人のせいで全体が悪く見える一つの例ですね。

せどりの種類について

 どこから仕入れるのか。どこで売るのか。どういうものを売るのか。

 その違いによってせどりには種類があります。今回私が行うのはタイトル通りAmazonせどりで、仕入れるのはネット上からではなく、直接店に足を運んで探す店舗せどりになります。

 ネット上で仕入れるのは電脳せどりと呼ばれ、楽天のポイントせどりは有名ですね。

 リベ大で詳しく解説されています。他のせどりについての説明も動画説明文からいけますので、気になった方はぜひこちらからどうぞ。

 今回は私が実際に『 Amazonせどり 』を行っての感想や反省点を記載していきます。

Amazonせどりをするために必要なものって何?

  1. PC・スマホ・コピー機――安くてもいいからPCとスマホは必須。コピー機は本気なら必要
  2. クレジットカード(JCB不可)――せどり用にVisaを1枚用意するのが好ましい
  3. Amazonセラーアカウント――購入者ではなく、販売者としてのアカウントをゲットする
  4. せどりのためのアプリ――有料ではあっても、勇気を出して登録しよう!
  5. せどりに挑戦する勇気――ここまで調べたのなら、あと一歩!
ワン親方
ワン親方

なんか、結構色々いるんだな(ゴクリ。

 そうですね。とりあえず始めよう! として私が失敗したことになります。
 一個ずつ見ていきましょうか。

PC・スマホ・コピー機 ――安くてもいいからPCとスマホは必須。コピー機は本気なら必要

ワン親方
ワン親方

ん? PCとスマホは持ってるよな?

コピー機も銀づちの家にあるし。

 私は全部持ってはいるのですが、スマホは格安シムに変えてから場所によってはとても繋がりにくくなりました。
 日常生活ではちょっと我慢すればいいだけなのですが、せどりの仕入れの際にアプリが使えずにリサーチできないのはとても厳しかったです。
 なので店舗せどりされる予定ならば、自分が仕入れに行く場所や時間でもちゃんとつながるかどうか確認した方が良いかもしれません。

 せどりするだけなら、PCに関してはそう性能がよいものでなくて大丈夫だと思います。ネットに繋がって文字が打てて、リサーチやアマゾンセラーサイトでの処理ができるなら。

 問題はコピー機で、持っていない方は多いのではないでしょうか。コピー機は商品や箱に張り付けるラベルを印刷するために必要です。

ワン親方
ワン親方

俺っちの家にはないぞおおお。

銀づち! 貸してくれえええっ!

 貸すのは良いのですが、毎回それでは面倒ですよ、親方。
 私自身、家族のコピー機を借りて印刷しておりましたが、別の部屋なので保存データを持ち運んで印刷、が面倒でした。
 FBAと呼ばれるAmazon倉庫に納品するタイプでしたらラベル貼りをお願いすることも可能ですが、当然それにはお金がかかります。
 ならば安いものを買って自分で行うのが長い目で見るとお得です。
 ちなみに私は↓のタイプ(24枚)を購入しました。

 私は本気でせどりを続けていきたいので、コピー機選びをしています。後悔したくないので。

 本気でしようと思っている方は、このせどり三種の神器『PC・スマホ・コピー機(スマホはほとんどの方が持っているでしょうが)』を用意しましょう。

クレジットカード(JCB不可)――せどり用にVisaを1枚用意するのが好ましい

 アマゾンでの販売を行う上でクレジットカードは必須です。
 無料のアカウントである小口登録もありますが、本気でするなら有料の大口登録。そしてその支払いに使えるクレジットカードにJCBは使えません。

ワン親方
ワン親方

俺っち、JCBユーザーなんだが。

 私もVISAを持っておらず、まずここで登録するのにつまずきました。
 アカウント登録のために必要だったので。やはり世界で使えるVISAはあった方が良いですね。

 それと、アカウント登録のため以外にもせどり用のカードはあった方が良いと、実際仕入れを行って思いました。
 カードをたくさん持ちたくなかったので、せどり用の財布(現金)で払っていましたが、問題はこの後の処理。費用の記録をとるのが面倒です。

 せどり準備に関してぐぐってみると多くのサイトさんでせどり用のカードを勧められていますし、両学長の動画でもあったのですが

「まあ、なんとかなるだろう」

 と安直に考えてました。
 すみません。反省しました。せどり用のカードはあった方が良いですね。マジで。

 まだわずかしか仕入れていない私がそう思うのですから、これがもっと増えたら……ぞっとしますね。

 そして今やクレジットカードにはポイントや割引などお得なサービスがついていることがほとんどです。現金よりも得になるわけですし、お得であること……それはつまり利益に直結します。
 せどりを本格的に始めようとしている方で、専用のカードがないならば作られることをお勧めします。

ワン親方
ワン親方

それは分かったけど、じゃあどのカードが良いんだ?

 やはり外せないのは『楽天カード』でしょう。楽天カードマーン! でお馴染みですね。

 せどりをする上ならば通常のカードか、ポイントの還元率が高い楽天プレミアムカードでしょうか。

ワン親方
ワン親方

楽天プレミアムカード って、11,000円するやつじゃねーか!

 ですが楽天市場でのポイントは5倍ですので、楽天市場からの仕入れ(楽天ポイントせどり)を検討されている方はほぼ必須です。
 そうじゃないのなら、普通のカードでいいと思います。

 それともう一つ、私も最近作りましたがヤフーカードもおすすめ。こちらはTポイントが貯まります。
 JCBも選択可能ですが、JCBは使えない場合も考慮するとVISAが無難だと思います。クレジット使えるけどVISA対応していない、というお店を私は見かけたことないので。

 どちらのポイントを貯めているか、で選ばれると良いと思います。もしくはVISAとJCB、VISAとMacterCardのように2種類持つかです。

 でも初心者で始めるなら1枚で十分事足りています。足りないと感じてから作っても遅くないと思うので、とにかくせどり用に一枚だけ作ってみるのをおすすめします。

Amazonセラーアカウント――購入者ではなく、販売者としてのアカウントをゲットする

 上記クレジットカードの項目でも出しましたが、これがなければ始まりません。登録方法は少々ややこしく、注意点もあるため、リベ大動画のお力をお借りしましょう。

 ちなみにアカウントには大口登録と小口登録があります。大口が有料で小口が無料。有料の方が様々なサービスや有利なことがあり、私は大口登録しております。
 お試しでしたい方は無料の小口から始めるのが良いかもしれませんが、大口ではFBAといって、アマゾンの倉庫に商品を送れば、お客さんへの対応は全部アマゾンがしてくれるというサービスがあります。
 私はお客さんへの対応がとてもしんどいと思ったのでこちらにしました。自分の状況に合わせて登録してみてくださいね。

 動画内でも説明がありますが、特に注意が必要なのが、「グローバルセリングアカウント」です。

ワン親方
ワン親方

ぐろー……?

グローバルセリングアカウント」 ですよ、親方。

 アマゾンは世界中でサービスを提供されているので、日本での販売アカウントとは別に各国それぞれにアカウントが存在します。

ワン親方
ワン親方

でも別に日本だけでやるんだし、

関係ないんじゃ?

 そうですね。日本のアカウントだけを作成すればいいのですが……登録画面がややこしく、同時に世界のアカウントも作成しますか? というチェックを外し忘れて各国のアカウントが作られてしまうことがあるのです。
 一々各国のアカウント作るの面倒でしょうから、一緒にどうですか、という親切心もあるのでしょうけど作られてしまった場合の対処が少々面倒です。

 きちんと解除しないと各国のアカウント代が請求されたり、規約違反としてアカウント停止に陥る可能性も高くなります。
 海外での販売も考えている方以外には不要どころか、足を引っ張るものになりかねないのです。

 私は登録時には大丈夫だったのですが、途中で何かクリックしてしまったらしく、突然各国のアカウントが登録されてしまい、英語のメールがたくさん送られてきました。

銀づち
銀づち

バリ焦ったぁ(汗

 ここがAmazonせどり初心者が一番最初につまるところで、最難関でしょうね。
 ですがここを超えると楽になるので、頑張りましょう。

 ちゃんと冷静に対処すれば問題は有りません。私も日本のアカウントの代金のみしか支払ってないのでご安心ください。
 解除方法は「出品用アカウントの解約(公式)」か上記の動画の16:00あたりを確認してみてください。


 オーストラリア以外のアカウントは動画を見ることで簡単に解除できると思います。


 オーストラリアはAmazonセラーフォーラムで分かりやすくまとめてくださっている方がいるのでこちらを参考にしてみてください。
 一時はメールを送らないといけなかったらしいのですが、やり方が変わっているため古い情報の解除方法では解除できませんのでご注意を。

 また、人によってはビデオ審査もあります。私もありました!
 すごくドキドキしていましたが、ビデオはスマホからの参加でよく、対応してくださるのも日本人の方ですしあらかじめちゃんと書類を用意していれば問題ありません。
 その時のことをツイートしているので、参考までにどうぞ。
 

 とにかく、おめでとうございます! これであなたも今日からせどらーです! 一緒に頑張りましょう。
 審査結果のメールは数日かかるという説明でしたが、その日のうちにすぐ届きました。

ワン親方
ワン親方

おうよ!

これでついに仕入れに行くってわけだなっ?

 はい!

 といいたいところですが……その前にもう一つ準備しておくことがあります。

せどりのためのアプリ――有料ではあっても、勇気を出して登録しよう!

 オススメしたいアプリはこちら

  1. Amazon Seller(Amazon Mobile LLC)――無料
  2. NEWTYPEデルタトレーサー――有料(月額2,200円)

 まずAmazon Seller ですが、これはアマゾン公式のアプリで、商品をスキャンすることでそれが出品可能かどうか調べることができます。

ワン親方
ワン親方

出品可能かどうかって……。

可能じゃないのがあるってことか?

 はい、実はそうなんです。

 かなり多種にわたるものが出品できません。特に登録してすぐのアカウントには制限かかっているものが多いんだとか。
 解除することも可能ですが、始めたばかりの新人はまずはしっかりと実績を作ることが大切だそうですし、そもそも調べてみても初心者に解除は難しいですね。
 なにせ販売元の請求書が必要とのこと……何の実績もない人に言われても向こうも困りますよね。

 なので最初は制限がかかっているものが多いので、このアプリでの出品可能かどうかの確認は必須。出品可能でも状態(新品しか出品不可、中古も良いけどコレクター商品はダメなど)に制限がある場合もありますので、そこもチェックできます。
 それと損益計算機能も付いているので、アマゾンへの手数料や配送料を払ったうえでも本当にこれで売り上げがたつのか分かります。
 詳しい使い方はここでは説明しませんが、このアプリは落としておくのをお勧めします。

 他にもアマコード、セドロイドなどもあるのですが、私のアンドロイド端末だとぜんぜん使えずに断念。 Amazon Seller アプリは今のところ全く問題なく使えてますし、何より公式なので情報も安心できますしね。

 NEWTYPEデルタトレーサー公式サイト) は売れ行きを見ることができ、商品の回転率をリサーチできます。

 1のアプリで出品可能か。収益が出るのかを確認して、でも本当に売れそうなのか。不良在庫にならないかを2のアプリで確認し、売れそうならば仕入れる。

 これが一連の流れになるのでどちらのアプリ(同じことができる他のアプリでも可)も必要です。

 そして2のようなデータを取得できるアプリは現在(2021/07/22)有料です。Keepaというのも有名ですが、 NEWTYPEデルタトレーサー は日本の会社なため画面も見やすく、こちらにしました。
 両方をオススメされている方もいますが、始めたばかりで出費は抑えたいので私は一つにしています。
 少なくとも、もっと慣れて収益がたくさん出るまでは各アプリ一つずつで問題ないでしょう。

ワン親方
ワン親方

そうだなぁ。

まだ収益出ていないのに、出費ばかり増えるのは勇気がいるぜ。

 今すぐ2つ持っていないと死ぬわけでもないので、必要だと感じたら増やす。それでいいと思います。

 両学長が言ってらっしゃる通り、小さく商売を始める。それが一番だと、実際にせどりを始めて思いました。

せどりに挑戦する勇気――ここまで調べたのなら、あと一歩!

 ある意味でこれが一番大切。

 ここまで読んでもまだ躊躇している方……あとは勇気だけです。

ワン親方
ワン親方

いや、分かってるんだけどよぉ。

でも無料で始められるわけじゃないし、

すぐに大金稼げるわけじゃなさそうだしなぁ。

 確かに完全無料で始めるのは難しいかもしれません。

 私で言うとAmazonアカウントは無料の小口登録ではなく、大口登録にしていますので5000円ほど月額かかりますし、アプリ代として2000円ほどまたかかります。税込みやその他の雑費も考えると8000円ほどが毎月かかります。

 実際仕入れをしてみようとすると分かるのですが、8000円ほどの収益上げようと思うと、かなり大変です。
 まず利益出そうな商品のリサーチが大変ですし、いろいろと店を回る必要もあります。一店舗だけでは難しい。

 仕入れには当然お金もかかりますし、時間も労力も費やさないといけません。

 頑張れば稼げるけど、頑張らなければ稼げない。

 そんな当たり前のことがせどりにも言えます。ワンクリック、登録するだけで稼げます! なんてことはありません。

 でも、だからこそ説得力があるなぁと私は思ったのでせどりを始めることにしました。
 まだ収益が出るどころか、赤字な私ですが、どたばたしつつも始められました。私にも始められたのです。

 もちろん、せどりは絶対嫌だ! という方に無理やりすすめるわけではありませんが、こちらの記事をここまで読んでいただいたということはやりたい」と心の中で思っているはず。

 少しでもお金をかけたくないなら、アマゾンは無料の小口登録でもいいと思います。あとで変えることもできますしね。
 私はFBAというAmazon倉庫に納品して後は向こうにお任せするシステムが良いと思ったので大口にしましたが、小口で経験積むのもありでしょう。

 ほんの少しでも一歩を踏み出せば、成長を実感できるはず。

 完全にせどりを始めるところまでいかなくても、せどりを始められるように永年無料のクレジットを用意してみる。
 無料の小口登録だけしておく。
 実際仕入れないけど、 Amazon Seller などのアプリで商品の下調べだけはしておく。

 全部を一度にする必要もありません。どれか一つでも出来たら、一歩成長です。自分に拍手しましょう!

ワン親方
ワン親方

行動するのって気力と体力必要だからな。

休みつつ、ちょっとずつ進んでいこうぜ!

 なので気力体力を養おう為に、今日はしっかり食べて、しっかり寝ましょう。余裕のある方は外に出て日の光をしっかりと浴びましょう。

 では、また明日の朝、半歩でも、4分の一歩でも進んだ自分自身と出会いましょう!

ワン親方
ワン親方

今日もお疲れさん!

ゆっくり休んでから、また会おうぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました