【転生悪女の黒歴史】番外編集――限定描き下ろし付き【感想&ネタバレ含】

転生悪女の黒歴史――番外編マンガ感想・紹介
転生悪女の黒歴史――番外編

 さって、今回やっていくのはいつもの『転生悪女の黒歴史』ですけれど、番外編集という単行本になります。

ワン親方
ワン親方

2022/9/5に本編最新刊と一緒に配信されてたんだな……番外編?

 本誌ではなく、別で掲載されていた本編とは関わるようで関わらないお話たちばかりが詰め込まれている話です。

 面白い話……というよりニヤニヤする話が多かったので、その一部をご紹介!

スポンサーリンク

概要(目次)

 いろんなキャラクターたちの出番があるのも番外編集の見どころ。今回はこんなラインナップです。

  1. シャノウ警部の悩ましき日々
  2. ヨミと嫉妬と誕生日
  3. イアナとソル 熱っぽい一日
  4. ソルヨミ引き連れユリ学園
  5. イザーク&イアナのお忍びデート
  6. +電子限定おまけ
ワン親方
ワン親方

おおっ本当に色んなキャラが……って、ヤトリがいねーなぁ

 残念ながら今回はヤトリは全く出てきません。まあ、本誌の方で活躍していますのでヤトリファンはそちらで成分(?)補ってください。

 それぞれざっとだけ概要を説明し、おすすめのニヤニヤシーンを紹介していきたいと思います。

シャノウ警部の悩ましき日々

【概要】
 ある日、イアナとメノアはクーシャ(シャノウの妹)から相談される。
 クーシャいわく、寝ているシャノウが「バックから攻められる」とうなされているらしい。
 そしてクーシャによる変身魔法で男になったメノアとイアナは警察内部に潜入し、シャノウの悩みを解決すべく奮闘するのだが……?
ワン親方
ワン親方

おい待て!

シャノウの寝言なんだそれ!

 めちゃくちゃ気になりますよね。この話はかなりコメディ要素が強いお話となっています。
 かなりさら~っと流しながらも笑えますし、結構痛々しい……いや痛苦しい話ですね。他人事なので笑えますけども、もしかしたらイアナ同様に苦しむ人もいるかも知れません(笑)。

【おすすめニヤニヤシーン】
 無事に悩みを解決し、イアナ(男)と飲み明かすシャノウ。いつのまにか眠っていた彼が目覚めるとソコにいたのは魔法が解けて元の姿に戻ったイアナが眠っている。
 わけがわからないシャノウに、だきまくらと勘違いしたイアナが抱きついてきて……?

 まあ、このお話のニヤニヤはココでしょうね!

ワン親方
ワン親方

うおおっ気になるぜ!

それで? その先はどうなったんだ?

 そこはぜひ、実際に読んでニヤニヤしていただきたいと思います。シャノウ好きとしては、めちゃくちゃ推したいシーンです、とだけ。

ヨミと嫉妬と誕生日

【概要】
 幼なじみのヨミの誕生日がせまり、イアナは内緒でケーキを作ろうとするも、上手く行かずに火傷をしてしまう。そんな彼女を心配したヨミと軽く仲違いをしてしまった。
 それでもヨミになにか贈り物をしたいイアナはとあるものを手に入れようと奔走。
 ヨミはそんなイアナが心配で子供になる薬を使って彼女を手伝うが……さらにすれ違ってしまい……?
ワン親方
ワン親方

ヨミとイアナが喧嘩って珍しい……というか、想像つかねーな

 イアナ好き好きなヨミですからね。あまり喧嘩にならなさそうですが、イアナが無茶するため、心配しすぎての口論っといった感じです。

 そしてこのショタヨミがすっっっっっごく可愛いので、それだけでも読む価値あり!

【おすすめニヤニヤシーン】
・風邪を引いたヨミの溜め息
・仲良く眠るイアナとヨミ

 かなり色気たっぷりのヨミが見れます。個人的におすすめです。

 そして健全(?)に寝ている2人がなんとなく幼く見えて、可愛らしいのでこの見開きのシーンはセリフとともにほんわかして大好きです。

ワン親方
ワン親方

ほんわかするのはいいな!

 ぜひみなさんも、ほんわかしてくださいね。

イアナとソル 熱っぽい一日

【概要】
 風邪を引いたイアナ。前世でも今世でも、彼女を看病してくれる人はいなかったものの、今はソルがそばにいて、それを嬉しく思うイアナ。しかしメイドたちは彼女へ対する不満をぶつけ、症状が悪化してしまう。
 なんとかイアナが治った後日、今度はソルが風邪をひく。看病というものを受けたことがないソルはイアナに甘えるようにあることを懇願する。
ワン親方
ワン親方

うわああん、風邪引いちゃうのかぁ!

 そしてお互いの体調を崩したときの回想シーンがなんともしんみりして……だからこそ、看病してくれるお互いの存在が特別に感じるのです。

【おすすめニヤニヤシーン】
風邪を引いて気弱になったソル。イアナがそばにいることを夢だと思い、素直な気持ちを吐露……しかし、目が冷めた彼の目の前にいたのは幼なじみのオーグニールで?

 このシーンはニヤニヤするし、くすっと笑えるシーンです。よくあるネタと言ってしまえばそれまでですが、でもそれがソルとイアナの間で起きているのかと思うと面白い。

 ニース×ソルじゃなくてソル×ニースらしいですよ、みなさん!

ワン親方
ワン親方

えっ?

一体何の話だってばよ

 最後のくすくすと笑えるシーンのその後が気になるところです。

ソルヨミ引き連れユリ学園

【概要】
 とある女学園に体験入学したコノハが帰ってこない。
 心配になったイアナと、薬によって女性になったソルとヨミが学園に潜入。そこにはコノハの姿は見えず、代わりとばかりにイアナに近づく美少女が1人。
 一体コノハはどこへ消えたのか――?
ワン親方
ワン親方

なんつーか、いっつもコノハこんな目にあってないか?

 イアナ(佐藤コノハ)がそういうふうに設定していますからねー。なにせヒロインいろんなハプニングに合うもの……という妄想が彼女にはありましたから。

【おすすめニヤニヤシーン】
「コノハ姉さまのことがすごく、恋しくなるんだ――」
 姉の姿が見えず、代わりとばかりに優しくしてくれる女生徒に姉の姿を思い出すイアナ。

 このシーンが個人的にお気に入りです。ソルやヨミとの話でもあるんですけど、ここのイアナの顔アップが可愛い。
 と言うより今回は何よりもイアナが可愛いし、攻めイアナが格好いい回です。いやもう本当っっっっに良かった!

ワン親方
ワン親方

せ、攻めイアナっ?

 ソル×イアかと思っていたら、イア×ソルでしたか。そうでしたか……うん、いいね! 納得!

ワン親方
ワン親方

気になるぜえええっ教えてくれってばよおおお!

イザーク&イアナのお忍びデート

【概要】
 イザークが今まで神殿の外に出たことがないと知ったイアナは、彼に外の世界を楽しんでもらおうと考えます。
 外ではちょうどお祭をやっていて、2人は聖者とその従者であるという立場を忘れて思い切り祭りを楽しみます。
 そんな2人の姿を、周囲も暖かく見守って――。

 そしてそしてーーっ? このお話こそが最もおすすめ! 最もニヤニヤ! 正直おすすめニヤニヤポイントは1つどころではないくらいに盛りだくさん!

ワン親方
ワン親方

イアナだってバレて無い状態だと、周囲も優しいのな

 そうなんですよねぇ。周囲も微笑みながらぎこちない2人を応援してます。

【おすすめニヤニヤシーン】
・身代わりを頼まれたソルが拗ねる
・「ま、俺に向かって倒れてくるなら守ってやるけど――……?」
・満面の笑顔で踊る2人(見開き)
・「初めて? 俺が本当に初めて?」と何度も確認するイザーク
・「その時は今度は私から手を繋いでみようか――」

 などなどエトセトラ。

 絵として純粋に美しく可愛いと思ったのは満面の笑みで踊る2人です。ここはかなり気合の入った絵柄なので必見!
 イザークがめちゃくちゃ格好良くて、イアナがひたすらに可愛い! まるで少女漫画のヒロインのようです。

ワン親方
ワン親方

まるでって……実際そうなんだが

 なんですが、イアナはあまりそういった扱いを受けませんからね。最初から女性としてちゃんと丁寧に扱ってくれるのはイザークだけでした。……まあ、素の顔を晒した時は雑な扱いでしたが、それでも「悪女だから」という理由ではありません
 力仕事は頼まないし、女性扱いはしてくれるのです。

 コメディ要素もちらほらあるはありますし、恒例の日本時代の黒歴史も開示されているんですが、ソレ以上に「少女漫画」していました!

 そして何よりも最後……「今度は私から」がね。本編を知っていると、なおさらグッと来るというか。

ワン親方
ワン親方

うおおおんっイザークぅううううっ!

 この最後の一話を読むためだけにこの本を買っても良い、と思えるお話でした。

まとめ

 今回はヤトリ以外のヒーローたちとイアナのお話でした。が、やはりイザークが優勢。最後に全てイザークにもっていかれる、という番外編集でした。

 本の構成としても最後にこのお話がありますが、イザークとの話は本当に最後に読むのが良いかと思います。

ワン親方
ワン親方

って、電子限定おまけはどうなんだ?

 1ページのみのマンガです。シャノウとソルVSイザークというお話です。

ワン親方
ワン親方

VS?

 さらっと読めるお話ですが、にやっとできる話でもあるのでこの3人が好きな方は電子書籍での購入がおすすめ。紙媒体もいいんですけどねー。

 ということで、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

ワン親方
ワン親方

気になるから俺っちも読んで見るかー。

じゃあ、まったなー!


 くすっと笑えるのにキュンともできる【転生悪女の黒歴史】番外編集はコチラからどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました